箏の祭典35
沢井箏曲院創立35周年記念コンサート「箏の祭典」
無事、昨日に終演致しました。
たくさんの方のご来場、ありがとうございます。


リハーサルが終わって開演1時間前。
お弁当をロビーで食べていたら、受付の外にお客様の姿が。
嬉しさを噛み締めつつ、お弁当も噛み締めつつ。
さてやるか、と集合場所へ向かったのでございます。

さて、今回の演奏会は、なんと4時間もございました。
この演奏会を、舞台裏で支えていたスタッフがいます。
タイムテーブル通りに進行させるため、
あぁでもない、こうでもないと、
寝る間も惜しんで仕事をしていた方々です。
全国から400人以上も集まったこの演奏会。
最後の曲を弾き終わって舞台袖で時計を見た瞬間、
「実行委員すごい・・・!」と声が上がりました。
なんと予定ピッタリ。

私は関東支部へ籍を移して日も浅く、
舞台裏のことは全く関与していないのですが、
知っているだけでも、

・会場の手配
・お弁当の手配(400個以上!)
・貸琴の手配、割振り
・調弦係
・タイムスケジュール作り
・進行
・楽器運搬
・集団練習場所の確保
・荷物の管理
・練習指導

演奏会1つに考えなきゃいけないことがいっぱいあって、
本当に頭が下がります。
皆様、ありがとうございます。
おかげさまで、楽しく演奏することが出来ました。

昨日、お稽古。
それは、突然のことだった。

ガリガリガリ


ガリガリガリガリ・・・バリッ

!?

音は隣から。
何の音かは、十二分に予想がつく。
箏を弾く手は止めぬまま、視線だけを右へ。
そこに、奴はいた。

にゃー

・・・・・・やっぱし(^^;


レオナルド・ダ・ゴンチ、通称、ゴン。
先生の家に住む、猫である。
現在15才(推定)。
噛まない、引っ掻かない、良い子である。
でも、障子破るのは、いい加減やめなよね。

もうねぇ、本当に猫なのかね、コイツ。
三弦の練習の時にね、三弦の真隣に寝てるし。
もしもし、これは犬ですけど、本来三弦は猫革ですよ?
キミ、分かってます??
(先生注:ゴンはおデブだから、脂肪多くて使えないよ

そんな、ゴンの写真をどうぞ↓



今日は、3週間ぶりのお稽古!
やっぱり、試験期間はきつい。
先週はTOEICだったし。
息つく暇もないよ。
キーボードは叩くけどね。

4月に太宰府三曲会で「泉(宮城道雄)」という曲を弾くことになりました。
箏と尺八の二重奏。
ずっと箏だけで弾いていたから、
尺八と合わせるなんて、あわわわわわですよ。
暗譜しているのに、どこを弾いているのか一瞬分からなくなるし。
尺八とヘルツ合わなくて、調弦し直さなきゃだし。
私はろくに音源聞いてないから、途切れた後入るタイミングが謎だったり。
強弱つけてたけど尺八に消されそうで、改善しなきゃだったり。
本当にもう、あわわわわわ

まぁ、初めてだったし。
最後に通した時は譜面見なくても弾けたから、いっか。


「讃歌(沢井忠夫)」の楽譜を、先生から頂きました。
「一応渡しとくね」だそうです。
あ、練習しろということですね。
「でも、時間かかるから、ゆっくりねー」
そうですよねー。
あはははははははは。

私:先生、三弦ってどう数えるんでしたっけ?
先生:一丁、二丁だね。
私:ああ、そっか。

先生:豆腐と一緒だねぇ。フフフフフフ・・・

私:えっと、んっと(汗)

先月末、24、25日に講師試験を受けるため東京へ行ってきました!
試験があったのは25日。
誕生日だったよ。
21歳になったよ。
あぁぁぁぁ、何と微妙な気分だったことか。

朝9時半から夕方4時ぐらいまで、ずっと会場の中。
フロアの外へ出られない。
受験者の人たちとお話はチョコチョコしたけれど、とても疲れたし、きつかった。
集中し続けるって、大変なんですねぇ。

つくづく、自分は変わったものだと思います。
大学受験のとき、AO入試だったから面接があったのだけれど、私、その時は待合室でしくしく泣いてましたからね。
緊張しすぎてね。
もう、なんでそんなに苦手意識があるのに、この受験を決めたのかって話(未だに言われる)。
まぁ、その苦手意識を克服するのが、志願理由書に書けなかった、本当の志願理由だったんだけども。
そして、部屋に入って話し始めたら、どうと言うことも無かったのだけれど。
そんな私が、講師試験ですって。
今回は、泣かなかったよ。
すっっっっっごく緊張はしましたけど。
試験が始まったら、鉛筆は握れるぐらいにおさまったし。
実技の試験が進むうちに、いつの間にか平常心。
すごいね、我ながら。

今日、合格通知が届きました。
点数を見たら、課題が無いわけじゃないです。
まだまだ出来ないこともたくさん。
それでも、箏を初めて10年目、ちょっと区切りがつきました。

ご指導頂いた先生方と、きっかけを陰でつくってくれた祖父、その計画に乗った母、応援して下さった方々に感謝します。
あと、ホテルをチェックアウトする寸前に「お誕生日おめでと電話」をくれた祖父母。
一気に力が抜けました。
おかげで、変な力を入れずに実技試験に臨めました。ありがとう。
事前に何の連絡もしていなかったのに、空港まで来てくれたのも嬉しかったです。また、お茶したいな♪

昨日、東京からいらっしゃった大先生にお稽古を付けて頂きました。
一恵先生のお稽古は初めてで、「うわぁぁぁぁぁ」という心境(謎)。
けれど、自分ができる以上の演奏はできませんからね。
習うことが目的でしたから、緊張はしてなかったな・・・
後押しのタイミングや、指遣いがチョコチョコ変更になって、それについていけた自分が正直すごいと思うよ・・・
ガラッと変わったところもあったけど、今日弾いてみたら問題無さそうでホッとした。


で、まぁ、私はそう言う星のもとに生まれついたのでしょう。
やっぱり、事件は起きた。

「飛行機が飛ばなくて、1時間予定が遅れてる」

えー!!!
私、お稽古の後はすぐにバイトなんですけど!!!
ヤバイですよ!
お稽古できませんよっ!

・・・え?今日はこっちに泊まりだから、夜遅くても稽古できる?
ラッキー♪

という訳で。
4時開始のお稽古は、9時頃開始となりました。
こんな遅くに箏を弾いたのは、ハジメテダネたらーっ

先生、遅くまでありがとうございました。


今日、大学から帰ってきて、お稽古テープを聴いてみた。
下手すぎてヘコんでまふポロリ

今日は、箏と三弦の両方を見てもらった。

箏。
4月に三曲会で弾くとのことで、3月の初めに演奏会で弾いた2曲を確認。
暗譜は欠けてない。だいじょぶ!
唄ものも見てもらった。
細かい「アタリ」が付いてない。
唄自体を覚えてしまった方が無難かな・・・・・・

三弦。
練習曲をちょこっと。
今まで本手だったところを、替手で弾いた。
思たよりは簡単だったけど、やっぱり本手よりは弾きにくい。
「六段」は、もっと元気に弾きたいなぁ。
今は、音と糸の間違いを気にしてて、

ガクブル(((;゚д゚)))ガクブル









もちっと余裕が欲しいぞよ。

そういえば、今日は、三弦の駒は先生のを使ったのですよ。
私のはプラスチックなんだけど、先生のは水牛の角。
同じ三弦使ってるのに、駒1つで音がすごく違う。
楽器って不思議ですね。

今月の初めにありました演奏会から、早くもひと月が経とうとしておりまして、今日は、私が所属している北野教室の方々と、反省会をしました。
お世話になったお琴屋さんや、演奏会に出なかったメンバーも一緒でした。

みんなでお昼ご飯。
お刺身定食ですよ!
聞いてないですよ、不意打ちじゃありませんか!
私に何の断りもなく、お魚料理を設定するなんてっ!

あぁ、嬉しすぎる・・・ラブ


それで、そのお料理というのが、こちらです。






強者どもが夢の後。


ごめん。
写真撮り忘れた。

今日は、太宰府の榎寺公民館にて合同練習がありました。
先週に引き続き、私は今日も箏を運びました。


箏を運んでいるときの、私の視界。
斜めに倒して右肩に載せ、抱えるようにして歩くと楽なことに気がついた。
この方法にたどり着くまでに、

1 台車の持ち手を握り、肩に乗せて歩く。
2 台車の持ち手を握り、箏を縦半分以上背中に載せて歩く。

以上、2つの方法を試した。
結果、持ち手は、箏を運ぶときは使用しない方が良いことが分かった。
また、2の方法は、私が小さいので、まるで箏に潰されているように見えることが難点。



あ。
そういえば、以前梅だと思っていた木に桃が咲いていました冷や汗

まぁ、よくあることです。


こっちが本当の梅。

今日は、箏とお出かけでした。
糸しめが終わったので、これから一ヶ月、お稽古はこの子と一緒です。


あぁ、大きくなっちゃって(違)
頭がつり革にぶつかってるわ。
なんて羨ましいんだろう。
こちとら、つり革の低いのを掴むのも大変なのに。


楽器を運ぶときは、この台車と一緒です。
これがあれば、移動がらっくらく。
電車に乗っているときも、倒れないかを見ているだけ。基本的には立つからね。
普段は三弦だけど、これからしばらくは箏になるかな・・・
この子は良い子だから、電車の席に私が座ってても、大人しく横に立っていてくれます。けして、走り回ったり、席に横になって寝てしまったりはしません
そういう面では、非常に助かる、うん。

演奏会まで後ひと月ない。
うみゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ(><;;;


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM