自動車学校迷走記

自動車学校は卒業しましたが、免許を取るまでは、このカテゴリーで書こうと思います。

さて、雨が降らないうちにと、学科試験を受けにいって参りました。
場所は、自動車学校ではなく、試験場です。
みなさん、間違えたらダメですよ??
(私は、自動車学校に入校するまで知りませんでしたw)

試験日の朝は早いです。
私は、9時までに受付を終えないといけませんでした。
この日、普通車の受験者は100人くらい。
混雑してるような気がしましたが、ピーク時(3月)は400人を超えるとのことなので、わりと空いてる時期だと言えるのかもしれません。

教室は、なかなか印象的。
だって、
「置き引き注意!!」
こんな張り紙があるんです。
ここ、警察いるんだけどな・・・なんて堂々とした泥棒なんだ

試験前は、テキストを見ている人、携帯をいじってる人、ウロウロしてる人と、様々。
テキストや持ってる封筒が人によって違って、色々な学校の卒業生だと分かります。

試験は、たしか50分(いつも早く終わるので覚えてない)。
原付や仮免等の人と一緒の教室でした(彼らは30分)。
筆記具を持っていくよう言われてましたが、試験では、試験場の鉛筆と消しゴムを使いました。
カンニング防止だそうで、携帯電話はもちろん禁止。
マナーモードでなく、電源を切るように言われました。
最近は、シャッター音がしないアプリとかあるので、かなり警戒が厳しいです。

試験を難しいとは思わなかったのですが、効果測定とは言い回しが違う問題、見たことの無い問題はいくつかありました。
なんとなく、私が解いた問題は、二輪の問題が多かったように思います(謎)
解き終わっても、途中退室はできません。
私は、2回くらい見直しました。
いや、見直しという名の漫才をしました。
特に、「誤」を選ぶ場合は、「○○だったらどうするねんw」脳内で突っ込みを入れます。
だって、黙って問題解くの嫌いなんだもんw
この解き方は、練習の時からしていると、理由付けができて正確に覚えることができますし、解答に自信がつきます。
でも、面白い突っ込みを考えることに夢中になって、解答に集中できない人は、マネしちゃダメだよ??

人数が多いので、試験結果はすぐには発表されません。
10分くらいかかります。
発表は、電光掲示板で行なわれました。
結果、、、合格しました!
やったぜ!一発合格だ!!

ちなみに、この日の合格率は、56%だったそうです。
自動車学校では7割と聞いていたんですけど・・・?

その後、お昼をはさんで視力検査や講習やらがあって、14時頃に免許が交付されました。
いやー、長い1日だった。
暑い1日だった。
バス停で蚊に大量に刺された1日だった

そんなこんなで、このカテゴリーはおしまいです。
最後に、ずっと担当だった先生から頂いた、お守りの写真を貼っておこうと思います。
おまもり

自動車学校迷走記

さてさて、いよいよ卒業検定!!
受験した記録を、記憶の新しいうちにしておきたいと思います。

まず受験者は、平日ということもあり少なかったです。
MTが3人、ATが4人。
車種ごとに1つのグループとなり、検定員が1人ずつつきました。

検定コースは、「2人コース」と一般的に呼ばれていて、自動車学校から出て帰ってくるまでのコースを真ん中で区切り、前半と後半で運転手が交代する形式です。(※)
つまり、1度に車に乗れる受験生は2人。
私と、3番目の受験生は、1時間のお留守番ということになります。
暇です。
とにかく暇です。
きっと、検定よりも、この待ち時間が1番疲れます
相手が女性で、しかも年上の方だったので、たくさんお話できて助かりました。

さて、検定ですが、天候は雨ときどき曇り
自動車学校から出てしばらくは、私は後部座席です。
けれど、道路の状態、人の量を見るために、キョロキョロしておりました。
場内の一時停止が無視されそうになったり(採点外)、途中で前車との距離が詰まり過ぎて先生が焦ってたりするのを後ろから観察するのは、なかなかスリリングw
逆に、その人はわりと周囲を見ていたので、左から出てきた車に道を譲る場面もあり、感心したりもしました。
人の運転を見るのは、良い勉強になりますね。

途中で路上駐車が行なわれ、運転手交代で私の順番です。
コースそのものは、あまり特徴が無い所だったので、そこまで心配はありませんでした。
しかし、やはり歩行者は気になるもの。
雨がやや弱まっていたため、人の姿が増えてくる。
もちろん、車道を横切る人も増えるw
やめてくれよ
さらに、雨天時は車が多く、混雑し易いもの。
2台前にバスがいたのですが、どうも信号付近で前進できそうになく、停止線で止まっていたら信号が赤になったなんてことが2、3回ありました。
前進してて横断歩道の上で止まったりしたら減点ものです・・・あぶねぇ

そうこうして、自動車学校近くに戻ってきた時のこと。
こちらは左折。
歩行者信号の点滅が見えた。
車は停止線ちょい手前。

行けるか・・・?

迷ったのが悪かった。
ちょうど停止線のあたりで信号が黄色に!

止まらなきゃ!

とっさに右足はブレーキへ伸びておりました。
とりあえず、左折のためにスピードが落ちていたから急ブレーキとまではいかず、後ろから追突されることも無く、車も止まった。
しかし、問題は停止位置

車から、停止線が見えない。

越えたまま放置すると、減点対象。
ふと思いついて、窓を開け、ひょいっと前方を確認。
残念なことに、私の背では前輪は見えない。
でも、停止線の端は見えた。
これなら、ギリギリ大丈夫

やっぱ、お腹空いたなー、なんて考えながら運転するもんじゃないなぁ。
今回の検定コースは、焼き肉屋と寿司屋のある、お昼時に行くのは遠慮したいコース
私が走行したのは12時前。
途中から、頭の中は、お腹空いたなーでいっぱいだったのでした

そして、自動車学校へ帰還しまして、バックの課題に移ります。
今回の課題は、縦列駐車でした。
じつは、1番好きな課題です。
しかし、ここでもハプニング!
左にハンドルを切って角度を付けた後、右にハンドルを戻してまっすぐ後退。
右にハンドルを切る機会をうかがっていたわけですが、、、

あ。
下がりすぎたw ←空腹のピーク

1回までの切り返しは問題ないとのことだったのですが、残念ながら、私はやり直しの方法はあまり教わっていません。
んー・・・と2秒考え、

まぁ、下がりすぎたなら、出るだけでいいわな。

と、チェンジレバーをRからDに。
ハンドルはそのままで、ちょうど良い位置までクリープで前進。
その位置でチェンジレバーをRに戻して、右に切って後退。
きちんと縦列駐車できました


検定結果は、合格を頂きました。
とくに問題は無く、私にとっては問題だった停止位置も、ギリギリ大丈夫だったとのことでした

ということで、自動車学校を卒業いたしました。
最後の最後に卒業証明書の判が足りないなんて珍しい体験もしたところで、学校通いもおしまい。
あとは、学科試験を試験場で受けるだけ。
さて、朝起きないとなー・・・


記録
経過日数:44日
通った日数:第1段階12日、第2段階17日
学科:第1段階10、第2段階16
技能:第1段階13(補講1含む)、第2段階19(補講無し、原付講習免除)



「2人コース」なんて未だにやってるのは珍しいです。近々コース改訂があるので、1人で走る「1人コース」になる可能性が高いらしいです。

自動車学校迷走記

卒業検定を水曜日に控えまして、そう復習です。
4日かけて、検定コースをぐるっと回りました。
その中で、

左大回りになり易い
見通しが悪いところでの右左折
右左折の際、寄せすぎて逆に危ない

などなど課題が見えまして、毎時間調整をしました。
しかし、上記のようなことは、自分の問題。
車の運転をしているときは、自分だけでなく周囲の様子を見て、
瞬時に状況を把握する力が必要です。


<走行中の迷走会話>

先生:状況見てね、ぱっと判断しないとね〜

私:難しいんですよね。わたし、そんなにスペック高くないし・・・

先生:今時、248MBなんて言わないよね??

私:ちょwそれは低すぎますww

先生:だよね〜 せめてギガは欲しいってねぇww

私:そうですよ〜 筆箱の中のUSBですら、8GBありますww

先生:あははは お、自転車来たねぇ・・・フリーズしちゃダメよ??w

私:それはヤバいですw

先生:再起動して下さいってね〜w

私:大丈夫ですって・・・お、信号変わった(ブレーキ)

先生:そうそう、今のは4GBくらいかな・・・あ、次を左ね

自動車学校迷走記

山道を走る練習をして参りました。
場所は油山です。
ヒヤヒヤしながら運転しました。
だって、キノコ採りによく来る両親と遭遇しないかと・・・

実は、山道は2回目。
第2段階の技能教習が始まってすぐ、山越えをしたことがあります。
その時は、補助ハンドル、補助ブレーキのオンパレードだったのですが・・・
なんということでしょう。
そこには、規制速度30km/hを何とかキープしつつ走行する車の姿が!
急カーブがやたら多いので、けっこう大変でしたが、補助無しで生還いたしました
展望台で折り返したのですが、天気が良かったし、外が見たかったなぁ・・・

そういえば、なんで、あの山道、上りにも横縞のラインが引いてあるんだろう?
ただでさえ登りにくいのに、デコボコしてたら余計登りにくいじゃんね。
あれって、普通、下りだけなんだけどね。
そして、耳が痛くなるわ、頭痛くなるわ。
気圧が低いのってイヤね。

自動車学校迷走記

23日目は高速教習です。
教官1人、生徒3人の集団教習になってます。
私は、男の子2人と一緒に受けました。

<順番決め>
先生:そーだね・・・2番目が1番楽かな
Bくん:あ、じゃぁ、俺、2番目
先生:高速を1番最初に走るのは3番目の人だね
Aくん:あ、じゃぁ、俺、1番目
私:・・・・・・

Aくん → Bくん → 私

というわけで、この順番で運転をローテーションすることになりました。
つまり、私は3番目でしたが、高速にのるのは1番最初ということ。
あー、もう・・・ブツブツ

はじめは、都市高を走りました。
上限80km/h!
速い速い
けれど、もたもたしていると、後ろから車が来ます。
危ない危ない

都市高からは、続けて高速自動車国道(以下、高速)へ。
今度は、上限100km/h!
めっちゃ速い速い
80km/hは維持しないと、危ない危ない
都市高を先に走ってて良かったなぁ、と思いました。

そして、帰路は、高速で80km/hの速度規制があったので、規制が無いまま走れたのは私だけ!
残り物には福って、こういうことだーね

とはいえ、男の子との教習は精神的にきつい!
なんせ、彼らどうしが面識が全くなかったから、一言も話そうとしない
これが女子2人男子1人とか、女子3人なら、だいぶ雑談も盛り上がるんだけどなぁ。
男の子って、難しいね
みなさん、楽しく高速教習したいなら、友達どうしとか、女子率が高いとことか、先生が楽しいとこがオススメですぜ。


[マジな迷走録]
パーキングで私はAくんと交代。
Aくんは、1度高速を出て、もう1度反対方向へのりなおしたのですが・・・
パーキングで休憩と思ったものの、空きがない!
仕方なく走り続け、先生の指示で再び降りて、コンビニを探します。
しかし、この先生、どこにコンビニがあるのか、記憶が曖昧。
結果、コンビニへ続く交差点を通り過ぎてしまいます。
この通沿いには、コンビニなんてありません。
そこで、脇道から戻れるだろうと考えた先生は左折を指示。
大通りの脇にある細い道を使って戻るように言いました。
目の前には、工場。
これ、行けないんじゃね?と、後部座席でキョロキョロしていた私は、見てしまった。
「この先、車の通り抜けで来ません」
という小さな看板を
全く看板に気づいてなかった先生は、先へ行かせようとします。
「先生、さっきね、、、
「え、ほんとう??
最終的に、突き当たりの駐車場で方向転換をし、細い道を再び戻ることになりました。
まさか、迷子になるとは思わなんだwww

自動車学校迷走記

21、22日目は、方向転換(バック)や縦列駐車を中心に練習しました。
練習場所は場内です。

後ろが見えないのは、小さい者の定ですかね・・・
先生が教えているタイミングでハンドルをきると、なかなか上手くいかないのです。
そのため、自分に合うタイミングを探す練習です。
でも、慣れてしまえば、思いのほか簡単♪
ただ、外では練習しないので、それは不安です


22日目は、技能の後に危険予測を受けました。
これは、講義と学科が1時間ずつセットになっていて、2時間連続です。
いつも教わっている先生ではなく、若いお兄ちゃんが先生でした。
生徒3人と先生1人だったのですが、
生徒はみんな女子(私と同じかちょい年上)だったので、
ちょこちょこお兄ちゃんをからかいながら運転しましたw
とても、面白かったですwww


次は、いよいよ高速教習です

自動車学校迷走記

久々の更新です。
というのも、題名のとおり。
車道に慣れるのが目的なため、新しいことはほとんどないのです。
学科も、第1段階とそんなに変わらないし。
ということで、印象的なことをいくつか。

<学科>
パッシングってありますよね。
主に、「行って良いよ」の合図。
私たちが練習するコースはバスの通り道なので、
よく、右折時に道を譲ってもらいます。
でも、実は大阪だと、そうじゃないらしい。
大阪での、だいたいの人の意味は、
「俺が先に行くから、来るんじゃねーぞ」
まぁ、法律で決まってるわけじゃないから、
「行って良い」と思い込んで走ると危ないという1例ですね。

ちなみに、学科と効果測定は18日目で終わりました。


<技能>
駐停車禁止の場所でも、車は普通に停まってます。
黄色の警告の紙が車道に落ちてるのを時々見かけます。
はがした後のポイ捨て、ダメ、ゼッタイ

雨の日の走行は(主に泥はねが)怖いけど、
工事現場がお休みになるので嬉しくもあります。
卒研のときは、見通しが利く程度の小雨でお願いしたいね。


先生の名言
車の運転は、やり直しがきかないゲームのようなもの。

自動車学校迷走記

さて、詰め詰めで通っております、14日目です。
この日は、学科3つと技能1つ。

学科は、
1、自動車の整備について
2、積載・牽引について
3、適性検査の結果からの行動分析

先に言っておけば、1日に3つも学科受けるもんじゃないね。
眠たいし、お腹空く

1については、タイヤの交換の仕方とか、バッテリーについてとか。
ちゃんと手入れしてやらないと、機械ってすぐにヘソを曲げるんですよね。
手間のかかる、出来る子・・・あぁ、なんか人間だったら可愛い子の典型だなぁ(おぃ)

2について。
まず、定員があるよ、という話。
荷物にも制限があるし、これを守らないと、車のコントロールが利かなくなって危険です。
また、どんなに注意してても、故障することはあるわけで、その際の牽引の話。
まず機会は無いだろうと言われましたが、だからこそ、どうすればいいのか知っておくことが大切です。

3は、入校した際の適性検査を使って、自分についてもっと深く考えます。
私は、特にこれといって引っかかる項目があるわけではないのですが、運動機能(運動のための心のはたらき)の項目が決断力以外全てC判定(5段階の真ん中)
このことが、どうやら私の運転の足を引っ張っているようです。
まぁ、想定の範囲内だけど。
のんびりマイペースな性格は、少々封印することも必要なようです


さて、ちょこちょこと地名も出していこうかな。
技能では、福大トンネルへ行ってきました。
2車線で、対向車無しのトンネル。
場内での練習でウィンカーを付ける時、指がかすって何回か付けてしまったヘッドライトが役に立つ時!
制限速度は60km/h。
いや、あのさぁ、みんな、絶対超えてるだろ・・・
60km/hで走ってたのに、後ろから来たトラックに追い越されました
最近、白バイとかパトカー増えてるから、みんな、気をつけた方が良いと思うんだけどなぁ・・・
この日は、福大病院の近くを通りました。
車だと、七隈なんてあっという間なのね。

今度は、どこまでいくのかな〜

自動車学校迷走記

この日は火曜日。
仮免許の試験を受けたのが日曜日だったので、
この日は、仮免許を受け取ることから始まります。
受付では、華麗にスルーされるところでした(笑)
皆さん、まだもらってないよって、自分でアピールしなきゃダメですよ??
これ以降は仮免許が無いと技能講習を受けられません
また、自動車学校では再発行できないので、
もし紛失したら、自分で試験場に再発行しにいかないといけません。
受け取りには印鑑がいるので、お忘れなく。

財布に入らないから、びみょーに不便だな、仮免許証・・・・・・


さて、受けたのは学科1コマと技能1コマです。

学科は、事故について。
免許所持者に関わる責任の話は、第1段階から講義があってると思います。
今回は、その続き。
大事なのは、とにかく規則を守ること。
そして、守ってるから大丈夫と過信しないこと。


技能は、初の路上・・・の前に、ボンネット開けて、
中の構造見たり、警告表示の意味の説明があったり。
そういえば、ブレーキランプは切れたら表示がつくので分かりますけど、他のランプは切れても分からないですよね。
みんな、どうやって分かるんだろう??
なんてことを話していたら、いつの間にか出入り口。
「さぁ、出ようか
と、先生の笑顔にそそのかされ・・・促されて路上に出ちゃいました。
怖い気持ちもあるし、正直、どうかなーと思っていましたが、まぁ、場内より多少デコボコしていたり、路上駐車が見受けられたりはありましたが、思ったよりすーっと入っていけました
都市高下の大通りで制限60km/hで走っても自分が遅く感じられたり、40km/hを厳守していたら後ろのおばちゃんが「遅いよビーム」を発してる気がしたり、なかなかスリリング。
こっちが教習車だから、無理に左から入ってこようとするスーパー帰りのおじさんとかもいるしね。
車と車のコミュニケーション。
これに、逆走してくる自転車も加わって、路上はかなりカオスです。
だから、怖いと言えば怖いのですが、場内よりも色々考えることが多くて楽しいなと思いました(てゆーか、場内に飽きたw)

自動車学校迷走記

なんで試験終わったあとに、2時間も学科があるんだって思ったらさ、免許試験場が仮免許を発行するまでの時間を有効に使うためなんだよね。
まぁ、私が試験を受けたのは日曜日だから、関係ないんだけど。

ということで、仮免試験合格者は、引き続き学科を2つ受けることに。
そろそろ集中力がヤバいっす・・・眠いっす・・・

内容は、まず、経路の設計
簡単に言うと、迷わないように、事前に地図を使って道を調べましょうということです。
きた!
ついにきたぞ!
長年の迷子生活で培った経験が役立つ日が!
過去に1時間や2時間、明後日の方向に向かって歩き続けた果てにクリーニング店等に保護された経験を複数持つ私。
現在は、ちょっとでも道があやふやなら、地元でも地図片手に動くようになりました。
まぁ、カーナビも普及している今日この頃。
地図検索だけなら携帯でも出来るしね。
問題ないっしょ・・・方角さえ間違わなきゃ(ようするに方向音痴

もう1つは、高速道路について。
止まっちゃダメ。
戻っちゃダメ。
転回ダメ。

みんな、知ってることだろうけど、する人いるよね。
けっこうニュースでも逆走とか聞くし、おそろしや


以上の学科2つを終えまして、長い長い12日目が終わりを告げたのでした。
9時〜16時までかかってます。
本当に疲れました。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM