今月末で、半年間働いたことになる。

この半年で思った、「働いてない」「働いてる」の違い。


「お金」

1、服を買いに行く

まぁ、限度はあるけど。
私の場合、1回の買い物で1万使えば多く使った方。
それは、今も昔も変わらないんだけど、頻度と内容が変わった。
働く前は、季節ごとに1回。
出来るだけ安いものを、できるだけ種類多く。
働きだしてからは、月に1回。
好きなブランドの服を、1枚か2枚。
少しずつ、少しずつ。


2、ご飯を作る

働き始めの頃と今で違うこと。
煮物やお味噌汁の具が増えた。
例えば、煮物。
始めは、大根、ニンジン、キノコ。
今は、大根、ニンジン、キノコ、こんにゃく、鶏肉。
例えば、お味噌汁。
始めは、大根、ワカメ。
今は、大根、ワカメ、ニンジン、お豆腐。


「時間」

1、暇だなと思うこと

仕事をする前は、暇なのが当たり前。
暇なのが嬉しい。
毎日ぼーっとしてた。
仕事をしだすと、暇なのは違和感。
周りがバタバタしてる中、自分が暇なのは苦しい。
基本的に放置だから、こっちから当たっていかなきゃだけど、
新入りに出来ることなんて少ないし、逆に時間を取らせるのが辛い。


2、配分

働く前は、好きなことを好きな時間で。
もちろん、やらなきゃいけないことはあったけど、
別にやらなくたって自分が困るだけ。
働き始めると、好きなことは後で。
やらなきゃいけないことを、決まった時間で。
終わってなかったら、自分でない誰かが迷惑する。


「人」

1、つきあい

仕事をする前は、好きな人といれば良くて、苦手な人はスルー。
無視するわけじゃないけれど、特別関わらなくて良かった。
仕事をしだすと、苦手な人も<仲間>。
無理に仲良くはならなくて良いけど、
当たり障りなく、必要なことは協力しなくちゃいけない。
距離感を使い分けるのが大事だと言われた。
私は誰とでも同じくらいの距離で接してしまうから、これが1番大変。
人によっては好かれるけれど、人によってはうるさいみたい。


2、言葉

仕事をする前は博多弁。
福岡にいたから、博多弁。
先生相手でも、あんまり意識した敬語は使ったことなかったし、使う必要もなかった。
仕事をしだしてからは、共通語。
イントネーションが違うんでバレバレだけど、誰にでも、どこででも通じるから。
出来る限り、敬語。
慣れないとか、そんなの関係なく、敬語。
でも、ときどき博多弁が使いたくなるから、休みの日はあんまり気にしない。




人によっては当たり前かも。
でも、私には変化だった。

そんな、半年の記録。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM