奨学金返済の話題がチラホラしてるので、流行に乗っかってみましょうかXネコ

働き始めた頃、数少ない女子社員で集まって昼食をとっていたんですが、何の話からか、奨学金で大学行って返済してると話したら、すごくビックリされたんですよね。
しかも、親が払ってくれなかったの?って、失礼だろ、おいポカーンネコ
どこのお嬢様だよ、と思いました。
というのも、私の周りは、返済義務の有無はともかく、奨学金とってる人は珍しくなかったので。
大学に限らず、高校でも、そういう人いましたしね。

世間って、そんなに優しくない。
私にとっては、それが当たり前の感覚です。

国立大学で、私の時の年間授業料が60万くらいでしたかね。
月5万で足りてたんで。
で、今働いてて思うんですけど、月5万って重いネコ
まじで重い。
普通に就職して、働いてても重いよ。出せないよ。
親が共働きで、どっちもバリバリ現役でもさ、1人あたり2万5千円でしょ。
それ、私の1ヶ月の生活費(外食、交遊費除く)だよ。
いやー、重いわ。
親が払ってくれないの?なんて、口が裂けても言えないわ。

ちなみに、通学は自転車自転車を1時間こいでたので、通学費はほぼかかってなくて、雨の日の交通費や、習い事のお金、帰りが遅い時のおやつ代、その他雑費はバイト代から出してました(塾って良いですよ、働く時間少なくてもそれなりにお金入るので。夏期冬期春期講習はウハウハですぜお金)。
あ、衣食住は親から提供されておりましたので、皆さん、ご安心くださいラヴネコ

奨学金で大学行って良かったと思う面があります。
親に、進路についてとやかく言われなかったことです(あ、ちょっとは言われましたよ。でも、奨学金、つまり自分のお金で行ってるわけだから、言うこと聞く義務は無いですもん)。
自分の生き方を、自分で考えることが出来たのは、親がお金を出していなかったからだと思います。
まぁ、かなり迷走しましたけどね、それも勉強じゃないですかネコ

確かに、返済義務が無かったら良いなぁと思うことはあります。
そしたら、
もうちょっと良い家に住めるのに。
もうちょっと良い物が食べられるのに。
服が買えるのに。
旅行出来るのに。
お友達と交流出来るのに。

これらを、贅沢という人、いるんだろうなぁ。
でも、社会人の楽しみですよ。
楽しみがないと、働けませんよ。
自分の稼いだお金、自分の楽しみの為に使いたいじゃないですか。

せめて、10年くらい返済の開始日を待ってもらえたら、もうちょっと楽なんだろうけどなぁAネコ

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM